メンバー紹介

名称 NPO法人YouMe Nepal
mail info@youmenepal.org
url http://youmenepal.org
Fb https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust

YouMe Nepalは、ネパール生まれの2人の青年が、社会に恩返しするため立ち上げたNPO団体です。

YouMe Nepalの設立は、貧しい農村生まれの2人がネパールの名門中学・高校の奨学生に選ばれて
通うことができたこと、そして日本に留学することができたことが背景にあります。幸運にも良い教育を受けることができた2人の傍ら、多くのネパールの若者達は不幸にも仕事を求めて海外に出稼ぎに行かなければなりません。

ネパールでは、子どもたちに質の良い教育が提供できていないため、様々な社会問題が起きています。YouMe Nepalは、質の良い教育を子どもたちに届けるため、学校建設・運営をしています。

現代に相応しい英語教育や日本の教育の良い部分を全学年に取り入れることを筆頭に、授業料の高い私立の学校やそれ以上の教育環境を子どもたちに提供しながらも、授業料は公立の学校と同等の僅かな額に設定し更に奨学金制度を導入して運営しています。

設立者

Sharad Chandra Rai

page4_1出身国:ネパール(コタン県)
学歴:東京大学大学院卒業(2014年3月)

Q. どのような思いでこのプロジェクトに参加している?
A. 私はネパールのとても田舎の村に生まれました。まだまだ遅れている自分の村に学校を建設し、恩返しがしたいです。

共同設立者

Dinesh Prasad Joshi (Ratala)

DineshRatalJoshi_150出身国:ネパール(バジャン県)
学歴:国連大学大学院卒業(2013年7月)

私は、ネパールの田舎で生まれましたが、良い機会を得て日本に留学し、高度な教育を受けることができました。しかし、同年代のネパール人たちは、充分な教育を受けることができずに、安い賃金で、マレーシアや中東に出稼ぎに行かざるを得ない状況にあります。社会の発展とためには、教育がもっとも重要だと感じていますので、このプロジェクトをライと一緒に立ち上げました。

小川 真以 (Mai Ogawa)

It was 2013 in Kathmandu when I first met Dinesh at APU alumni gathering. Dinesh was so quiet, each word he spoke was after deep thinking and consideration. He is quick to listen and speak less, thinking something every moment. I instantly thought he has something special in him. Sharad, I met in a kitchen of my office in Japan for the first time same in 2013. He was wearing a funny nit beanie, I was thinking if he is Japanese or Nepali. He himself was probably thinking funny to see non-stop Nepali speaking Didi(me). When I heard about YouMe Nepal from them, I felt in love with the idea like many people did. I’m so privileged to be a part of YouMe Nepal and committed to help in every way I can do.

サチン・ライ (Sachin Rai)

出身国:ネパール
学歴:茨城大学大学院、情報工学専攻修了(2015年3月)

ナマステ!こんにちは!サチンと申します。
2010年4月に来日し、現在は日本企業に勤めております。私は社会貢献・奉仕活動に関心を持ち始めたのは、大学生時代からです。日本では、国際交流イベント、環境美化活動や東北被災地ボランティア活動に参加してきました。YouMe Nepal TrustのことをSNSを通して初めて知り、団体の概念や活動内容、とりわけ「教育支援を通して国へ恩返し」というスローガンに感銘を受けました。
就活で上京した際に、ライさんとお会いする機会があり、そこから、いつかYouMe Nepalと一緒に活動したいという気持ちが絶えずありました。尊敬している素晴らしい方々からお誘いをいただき、2016年4月から入会できたこと大変光栄に思います。大切にされてきた夢の 実現に向けて、一緒に活動していきます。

早坂 隆一 (Ryuichi Hayasaka)

11011468_1166543480038888_1509873561154297421_o2009年にAPU(立命館アジア太平洋大学)で初めて会った時の、ライとジョシの2人の強い眼差しを今でも覚えています。当初はお互いが満足にコミュニケーションを取れなかったにも関わらず、反骨精神が溢れたその眼に強い親近感を覚えたのでした。その後、言葉を頻繁に交わすようになってから、ライの先を見通す意志、ジョシの本質を突く言葉には何度も刺激を貰ってきました。
生まれた国は違いますが、良い教育と、社会変革の必要性を幾度も感じてきた自分にとって、2人のような心の友に出会えたことはかけがえのない財産です。2人の夢は自分の夢でもあります。自分なりに精一杯ユメネパールを支えて行ければと思いながら、日々活動しています。

野上 千由美 (Chiyumi Nogami)

ライとジョシと同じ大学で4年間を過ごしました。
4/25に発生した地震をきっかけに、ふたりと再会。学生時代に強く刺激を受けたのは、遠くの国から本気で学びに来たみんなの、力強い眼差し。そして、彼らに負けられないぞ!自分もエネルギーが漲っていました。ふたりと関わっていると、そんな思いが蘇ります。YouMeの夢を実現することで、ネパールの国が良くなるだけではなく、ネパールと日本の強い絆がまたひとつ増えるはず。

安齋 絵蘭 (Kaira Anzai)

APU卒業後、2014年に東京でライに再会し、ネパールを訪問するライと一緒に、現地のカレーと彼の故郷を楽しみに同行しました。そこでの一週間、またライとジョシの夢に心を動かされ、帰国後YouMe Nepalに関わり今に至ります。

野村 友莉子  (Yuriko Nomura)

2008年にAPUでライに出会いました。卒業後の2014年に東京で再会し、彼の夢と行動力に感銘を受け、翌年4月にYouMe School を訪問しました。帰国後、YouMe Nepalのイベントに参加し、現地での経験を伝える活動を行っています。

活動実績

最近の活動については、ホームページ過去記事をご覧ください。

ネパールのコタン県に学校を建設 (2012年8月)

page2_1

Sharad Chandra Raiさんの生まれた地域であるコタン県に学校を建設しました。現在は28人の生徒が勉強しています。

ネパールナイト (2013年6月5日、2013年7月17日)

page2_2

ネパールの代表的料理であるカレーを作り、販売しました。この2回のチャリティーイベントで、80人以上の方がお越し下さいました。このイベントの収益はYouMe Nepal Trustが建設した学校へ寄付されました。今後は都内でもイベントを開催します。

出前授業 (2013年7月18日)

page2_3

ネパール人留学生のSharad Chandra Raiさんがさいたま市立春野小学校で、ネパールの学校について紹介しました。

BBQチャリティーイベント (2013年7月27日)

BBQの他にネパールのTシャツやキーホルダー、マグネットなどを販売しました。