Author Archives: staff

ネパールの教育制度の歴史について(Joshi)

ネパールにおける教育発展の歴史を紐解いてみると、まず2つのキーワードが浮かび上がることに気が付きます。それは、「家庭内教育」と「グルクル(Gurukula)」です。「家庭内教育」とは、両親や、教えるのが上手な近所の方によって子どもを教育することです。つまり、「家庭内教育」には専用の学習環境があるわけではありません。また、「グルクル(Gurukula)」とは、グル(Guru,サンスクリット語で先生という意味)が、シッシャ(Sikushyas,教え子)を、集めて(クル、Kula、拡大された家族という意味)、カーストや信条、地位によらずに一つの場所で教えるという意味です。

ネパールで公式の学校ができたのは、1853年のことでした。でもその学校には、限られた優秀な子どもたちだけしか通えませんでした。ある特定の集団のみが、学校に行き、その環境の恩恵を受けることができたのです。しかし、1951年の民主主義の導入により、教育制度は広く一般の人々に開放されることになりました。この時、300の学校、1万人の生徒に対する教育が行われ、識字率は5%になりました。多様な文化・民族の背景を持つ子どもたちが教育の恩恵を受けた一方で、ネパールの伝統的な社会は、女性が学校に行く機会を与えずにいました。

Untitled

1971年の教育計画導入によって、ネパールの人々は国の教育環境が劇的に改善されたと考えています。他の国に比べるとそのスピードは遅いものの、2010年までに49,000もの学校が建てられ、識字率が60.3%(男性73%、女性46.3%)まで向上したことは、注目に値します。

12006817_10153141032617045_2039738238_o

しかし、ネパールの社会には、女性や、周縁の人々(軽視されがちなマイノリティ)を排除し続けている事実があることを忘れてはなりません。このような圧力に打ち勝ち、教育の平等を達成するためには、現代社会に見合った、経済的・技術的・知的要件を満たす学校が必要です。「国に恩返し」という思いを子どもに届けるとともに、このような社会悪をなくすという願いを込めて、Youme schoolは創立しています。

 

ネパールの教育についてさらなる情報をご覧になりたい方は、こちらもご参照下さい。

http://www.doe.gov.np/ (ネパール語)

 

YouMe Nepalのチャリティーオークションが、無事に終了いたしました

8/20〜9/17までの期間で開催されているYahoo!チャリティオークション特集ですが、
その中の8/27〜9/3の1週間、参加させていただきました。
(詳細はこちらのページをご覧ください)
無事に全ての品物を落札者様の元に届けることができました。

auction

今回のイベントをお誘い下さったYahoo!さん、
お世話になっている「ほぼ日刊イトイ新聞」の糸井重里さん、
現在エベレスト登山挑戦中の栗城史多さん、
2014年5月のテレビ番組ホムカミでYouMe Nepalの学校を訪問した、俳優の西村和彦さん、
そして、特集ページを見てくださった全ての方々と、
入札して下さった方、落札してくださった三名の方のお陰で、無事に成功することができました。心より感謝申し上げます。

落札者の方々からも、応援の言葉をいただきました。
栗城さんのジャケットを落札された方からは、

「微力ながらネパールの復興の手助けが出来たことを幸せに思います。
栗城さんのジャケットを着て山に登る度にネパール復興の祈りを捧げます。
これからも頑張って活動されて下さいね。
シャラド・ライさんをはじめ団体の皆さんのこれからのご活躍をお祈りいたします。」

このような、とても温かいメッセージを頂きました。
(紹介することを承諾してくださって、本当にありがとうございます)

今回落札者様から頂いた87,600円は、夢スクールの更なる教育環境改善のために、大切に使わせていただきます。

Yahoo!チャリティオークションは、まだまだ開催中です!
是非、下記リンクから詳細をご覧ください!

logo

〜ネパール関連ニュース紹介〜 『東日本大震災の手書き新聞、ネパール被災地でも発行へ』(Ryuichi)

皆さんは、「ファイト新聞」ってご存知ですか?

”東日本大震災発生の1週間後、宮城県気仙沼市の避難所で被災した、(当時小学2年の吉田理紗さんをはじめとした)子どもたちが、両親はじめ大人たちを励まそうと手書き新聞を作ったことが始まりです。”
ファイト新聞社 Official HP


Screen Shot 2015-09-04 at 21.50.19

ファイト新聞公式ページ『ユネスコ本部顕彰について』より引用)

僕はこの新聞のことを知らなかったのですが、小学校2年生の子が周囲の大人たちを励ましたくて始めたという経緯に深く心を打たれました。彼女たちがどんなことを書いてきたのか読んでみたくて、過去のニュース記事などを探しました。

「励ましたい」というまっすぐな思いを手書きの鉛筆文字(発刊を重ねるごとに仲間を増やしていったのか、カラーが増えていきます)にぶつけた作品で、エネルギーに満ちており、予想外にも考えさせることが多くありました。

心から周囲のことを思えるから、体裁など気にせず、「励ます」ことだけに夢中になれるのでしょうか。

このファイト新聞を、ネパール政府公式通訳者のジギャン・タパさんがネパールでも発行しようと、ファイト新聞を立ち上げた子どもたちに気仙沼に訪れた、というニュースがありました。
http://thepage.jp/detail/20150829-00000002-wordleafv

“東日本大震災後、宮城県気仙沼市の避難所で小学生が作っていた手書きの新聞「ファイト新聞」を、地震被災地のネパールでも発行しようと、ネパール政府公式通訳のジギャン・クマル・タパさん(36)が28日、気仙沼市の仮設住宅を訪れて現地の子供たちと交流した。”

浮かび上がるネパールの被災後の状況と、タパさんが覚える危機感。そんな遠い国ネパールの話を聞いた、ファイト新聞の創立者で現在小学6年生の吉田理紗さんが発した優しさ溢れる言葉に感動しました。

(熱心に聞き入っていた)小学6年の吉田理紗さん(12)は「ネパールのことはあまり知らなかったけど、同じような状況を体験したから、今こういう気持ちなのかなってネパールの子供たちの気持ちが想像できる。(気仙沼は)4年5カ月が経っても復興は進んでないけど、焦らなくて大丈夫だよって伝えたい。1日1日を楽しんで、楽しかったことを新聞にまとめてほしい」
http://thepage.jp/detail/20150829-00000002-wordleafv

理紗さんがスタートを切り、タパさんがつなぐバトン。きっとネパールでも輪が広がっていくと思います。

Yahoo! チャリティーオークション特集イベント参加しました

【Update!】9/10、オークション終了のご報告をこちらで行いました。

Yahoo! Japan と、ほぼ日刊イトイ新聞・糸井重里さん、現在エベレスト登山挑戦中の栗城史多さん、「ホムカミ」以来応援して頂いている俳優の西村和彦さん御三方のご協力により、チャリティーオークションの特集に参加させて頂きました!
8/27から9/3(木)の夜までオークションに参加しました。
是非、私達の特集ページをご覧ください。

Yahoo! チャリティーオークション2015夏
Screen Shot 2015-08-27 at 16.58.02
今回ご協力下さった御三方について、私たちYouMe Nepalとの縁や、提供下さったモノなどをご紹介いたします。
1人目の糸井重里さんは、YouMe Nepalの代表2人の卒業校である立命館アジア太平洋大学の副学長・今村正治先生に紹介いただきました。2015年2月にほぼ日刊イトイ新聞「活きる場所のつくりかた」、また2015年6月に糸井重里事務所でカレーチャリティイベントを実現することができ、今回のチャリティーオークションにも快くご協力くださいました。

ご提供下さったのは、「くまさん」![チャリティ]くまのぬいぐるみ、サイン色紙、新刊本2冊のセット2
そして、直筆のサイン色紙と
[チャリティ]くまのぬいぐるみ、サイン色紙、新刊本2冊のセット1  8月7日に発売されたばかりの新刊「忘れてきた花束。」「ふたつめのボールのようなことば。[チャリティ]くまのぬいぐるみ、サイン色紙、新刊本2冊のセット予備5

この2冊の本にも、直筆のサインを頂きました!

これらのオークション商品ページはこちらです。

以下の記事も、是非ともご覧くださいませ。
【ほぼ日刊イトイ新聞 YouMe Nepal特集ページ】
(1)ライくんとジョシくんの「夢の学校」(全5回)
(2)僕たちが故郷に学校をつくったわけ 〜国に恩返し〜(全3回)

 

2人目の栗城史多さんは、「冒険の共有を目指し、多くの人がもっている心の壁を取り払い、一歩踏み出す勇気を伝えること」を使命とし、なんと現在エベレスト単独・無酸素登山に挑戦中!
不幸にも発生した2015年4月25日のネパール大震災後、初めてのエベレスト登山の挑戦者となりました。
栗城さんは、2015年6月に糸井重里さんと開催したYouMe Nepal Trustのチャリティイベントにお越し頂き、YouMe Nepal Trustを応援してくださいました。また、今回のチャリティオークションにも快くご協力下さいました。

現在ネパールで奮闘する栗城さんの姿は、こちらのFacebookページで見ることが出来ます。また、エベレスト登山中に、生中継をする予定だそうです!

今回ご提供下さったのは、

[チャリティ]Millet栗城モデルジャケット(栗城さんのサイン入)3
フランスのアウトドアブランド「Millet(ミレー)」の、アウトドアジャケットです。
栗城さんとMilletが共同開発した栗城モデル「BEYOND THE SUMMIT」シリーズの、ZEN – JKT(ゼンジャケット)ソフトシェルジャケットです。

今では貴重なこのジャケットに、
[チャリティ]Millet栗城モデルジャケット(栗城さんのサイン入)2
直筆でサインをいただき、

[チャリティ]Millet栗城モデルジャケット(栗城さんのサイン入)1
ご提供くださいました!

このオークション商品のページはこちらです。

 

3人目の西村和彦さんについては、YouMe Nepalを応援くださっている皆様はきっとご存知かもしれません。2014年5月、TBS系列のテレビ番組「ホムカミ~ニッポン大好き外国人 世界の村に里帰り~」でジョシとライが番組に登場しましたが、ライと共にネパールに行き、コタン郡の夢スクールを訪問したのが西村さんです。
帰国後も西村さんはYouMe Nepalを応援してくださり、今回のチャリティイベントのご協力にも快く応じてくださいました。

そんな西村さんは今回のチャリティーオークションのために、
[チャリティ]西村和彦さんから、ドラマで使用した特製サングラス3
サングラスを用意してくださいました。

このサングラスは、
[チャリティ]西村和彦さんから、ドラマで使用した特製サングラス2
2005年、西村さんが主演された「緋の十字架」のために特注で用意されたものです。

このオークションの商品はこちらです!

糸井さん、栗城さん、西村さん、この度はチャリティーオークションにご協力いただき本当にありがとうございました。

今回のイベントを通して、更に多くの方がネパールに関心を持ってくださることを願っております。

教育改善で故郷作り(Rai)

私(ライ)は大学を卒業してから、福岡の小学校と中学校で英語の先生として1年間働いた。私がこの仕事を選んだ理由は、先進国の日本ではどのように先生が生徒たちに授業を行っているのか、また生徒たちはどのような環境で勉強しているのかということを自分の目で見たかったからだ。1年間日本の学校で働いて私が最も驚いたことは、6才の子どもたちですら時間と約束をきちんと守っていることだ。そして、日本の学校で働き教育の質が高いことに感動する一方、ネパールの学校と日本の学校を比較して悲しくなった。
youme1
ネパールの田舎にある私の故郷の学校は、教育の質が非常に低い。ネパールの学校は日本の学校とは違い、先生が学校に遅刻したり休んだりすることは、日常茶飯事だ。また、ネパールの先生は授業のために準備をあまりしない。日本の学校では、勉強と同時に子どもたちを育てているが、ネパールの学校では教科書に書かれていることだけを教えている。去年の中学校卒業試験では、全国で約27万人の生徒が合格できなかった。また私の故郷にある中学校では、70人全ての生徒が不合格だった。

私の故郷にある政府の学校のマネジメントがひどいにも関わらず、政府は何もしていない。村の人々は政府がこの学校を改善してくれないことに絶望していたため、私たちはYouMe Nepal TrustというNPO団体を設立した。この団体は、村の人々と協力してYouMe Schoolという学校を2011年に建設し、現在は10人の先生が幼稚園から小学校5年生の生徒たち合計138人の子どもたちに授業を行っている。この学校の特徴として、ネパール語以外の全ての科目を英語で行っており、日本の学校の見習うべきところを導入している。具体的には、時間と約束を守ることや生徒たち自身で教室を掃除すること、そして子どもたちに教科書に書かれていることだけを教えるのではなく勉強以外のことも教えながら子どもたちを育てている。

【Humanity First 大震災支援 ラムジュン郡 校舎建設プロジェクト】校舎完成!

西ネパール、ラムジュン郡のパチョック小中学校での、5つの教室を備えた仮設校舎の建設が無事に終了しました。この中学校に通う350人の学生や、地域の皆様の笑顔を想像すると、とてもわくわくします。

Temporary Learning Center (TLC) with 5 classrooms (as part of our NPO`s Earthquake Relief Project) at Pachok Secondary School in Lamjung district in Western Nepal has been completed. We are excited to see smiles in the faces of about 350 students (directly) and the surrounding communities. We would like to thank Rajesh Adhikari, our advisor in Nepal for helping us implement the project.

IMG_8775ネパールならではの光景?

IMG_8776 IMG_8808緑の深い、農村でのプロジェクトです。 IMG_8807
IMG_8960

IMG_8966 IMG_8969 子どもたちが希望を感じて勉強ができますように!

IMG_8976 IMG_8956

良いトイレ環境の確保も、ネパールでは重要な課題の一つです。

IMG_8959

水不足になりがちな農村では、大切で貴重な水タンクです。
タンクのブランド名も、ネパールらしいですね!(“Everestank”)

IMG_8957

(Jharna, Doosan,大変お疲れ様でした!女性のみの夢ネパールスタッフで不安もあったかと思いますが、多くの方と協力し、わずかな期間で完成させることができました!)

 

Facebookはこちら:
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/730977493714971

【Humanity First 大震災支援 ラムジュン郡 校舎建設プロジェクト】進捗報告

IMG_8759

ネパールのラムジュン郡にあるパーチョク中学校の5教室予定の仮設校舎の建設を7/27から開始致しました。現地の業社と村の人々に協力して頂いています。
IMG_8760 IMG_8763 IMG_8759

IMG_8762
We have started construction of Temporary Learning Center at Pachok Secondary School, Lamjung District from yesterday. Our sincere thanks to local community and Rajesh dai for their kind support.

(Facebookはこちら)
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/728393840640003

【里親新プロジェクト開始】

ユメスクールで、奨学金で勉強している子供達の『里親』になる新プロジェクトを開始しました。
しかも、最初の里親は高校生!
西村 アリサさん(高校2年生、17歳)はキソール・カトリ君(3歳)の里親になりました。

月々1,000円で子供の教育費をサポートしたい里親になることができます。
(7/27現在、すべての子供達が里親を見つけることができました。
更に里親が必要な子どもたちがいないか、調査しています。)
10431691_725663604246360_7407510962930612924_n10431691_725665837579470_1497734894509442419_n
名称未設定
Kishor Khatri(キソール カトリ)くんは保育園年少組。
ネパールの暦では、2069年3月15日生まれ、なのです。
西暦に直すと2012年6月29日。
ネパールのヴィクラム暦もまた、ネパールの他の様々な文化と同様、神秘の世界ですね。

(Facebookはこちら)
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/725666850912702

【Humanity First 大震災支援 ラムジュン郡 校舎建設プロジェクト】

初めに私達が被災地の5人の子どもたちをカトマンズに勉強する機会と高校卒業するまでの
すべての生活費を提供し、育てるプロジェクトを計画していました。

しかし、子どもたちの人身売買が圧倒的に増加してしまった影響で、政府が子どもたちの移動を禁止する法律を制定しました。
そのため、この長期的なプロジェクトは保留とせざるを得ない状況です。

上記の政府の方針は一時的なものと考えられますが、
短期的なプロジェクトとして私達は仮の校舎を作るプロジェクトを行うことを決断しました。
ネパールのスタッフがすでに、現地調査と計画を立てております。

プロジェクト名: 仮の校舎建設プロジェクト
プロジェクトマネージャ:ライ ジャルナ
学校名:パチョク 小・中学校
教室数:5
学生数:350人
地域: ラムジュング郡(カトマンズよりおよそ200キロ西)
プロジェクト開始日: 7月24日

11781866_725167190962668_6698616624302776546_n
なぜラムジュングか?
ラムジュング郡も被災の大きかった地域なのですが、他の被災地と比べると、かなり距離的に遠く中々支援が届いていない状況です。そのため、このラムジュングを選ぶことにいたしました。

11755699_725167270962660_8601696980413624838_n
大変田舎であることは、他の支援団体がかなり少ないことからも、難しい挑戦となりますが、村の方々と協力し、新しい仮の校舎の完成後、
子どもたちがまた勉強できることを考えると、必ず成功させたいと思っています。

11039280_725167294295991_1066115317704058304_n

11703119_725167334295987_6345995520056552121_n 10405500_725167354295985_6286581582052684339_n

(Facebookはこちら)
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/725167584295962

【Humanity First Earthquake Relief Project】

Initially, we had planned to educate and nurture five kids from earthquake disaster areas.
However, since the government banned kids’ movement outside their districts, we have
keep our initial plan pending until the government loosens the ban.

As our short term relief project, we are going to build a new temporary school building.
After the initial research that was conducted last week, we have decided to go ahead
with this project.
Project Name: Temporary School Building Project
Project Manager: Jharna RAI
School Name: Pachok Secondary School
Classrooms we plan to build: Five
Current Number of students: 350
Place: Lamjung District (about 200 km west of Kathmandu)
Project start date: 24th July
Why Lamjung?
We chose Lamjung because it is comparatively far and remote, which is why the village
has merely received any relief aid.

Its remoteness definitely poses a big challenge in carrying out the project, however,
with the kind and warm support of the villagers, we will make this project a success.

Thank you Rajesh dai (YouMe Nepal’s Advisor), for your kind support.

https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/725167584295962

大阪府立大学で行われたネパール震災復興支援会議に参加しました

大阪府立大学で学ぶ、ひとりのネパール人学生の故郷の被災を受け、当大学の学生有志団体が、当大学の学生有志がチームを作り、復興支援プロジェクトを立ち上げました。

 
11755777_723787324433988_4589716152669336010_n

7/19(土)、チームからお誘いを受け、YouMe Nepalのライ、ジョシ、早坂が、ネパールについて説明させていただくと共に、プロジェクトの具体案についてのディスカッションに参加させていただきました。

11760123_1170335379659698_4608282278545081189_n 11707465_1170335282993041_5507627901759212736_n 11013466_1170335172993052_558915617292734549_n

 

 

10325566_723787301100657_3971016601974933750_n11755631_723787277767326_4799081041058046433_n11050763_1170335076326395_3789108694764754453_n

皆様の強い熱意により、当初の予定を大幅に延長した長時間のスピーチと会議になりましたが、刺激に満ちた集いにすることができました。
少しでも良い支援活動になるよう、微力ながら応援させていただきます。
貴重な経験をありがとうございました。
大阪府立大学の有志チームの皆様、頑張ってください!

(Facebookはこちら1こちら2です。)