Category Archives: ブログ

ネパールの教育制度の歴史について(Joshi)

ネパールにおける教育発展の歴史を紐解いてみると、まず2つのキーワードが浮かび上がることに気が付きます。それは、「家庭内教育」と「グルクル(Gurukula)」です。「家庭内教育」とは、両親や、教えるのが上手な近所の方によって子どもを教育することです。つまり、「家庭内教育」には専用の学習環境があるわけではありません。また、「グルクル(Gurukula)」とは、グル(Guru,サンスクリット語で先生という意味)が、シッシャ(Sikushyas,教え子)を、集めて(クル、Kula、拡大された家族という意味)、カーストや信条、地位によらずに一つの場所で教えるという意味です。

ネパールで公式の学校ができたのは、1853年のことでした。でもその学校には、限られた優秀な子どもたちだけしか通えませんでした。ある特定の集団のみが、学校に行き、その環境の恩恵を受けることができたのです。しかし、1951年の民主主義の導入により、教育制度は広く一般の人々に開放されることになりました。この時、300の学校、1万人の生徒に対する教育が行われ、識字率は5%になりました。多様な文化・民族の背景を持つ子どもたちが教育の恩恵を受けた一方で、ネパールの伝統的な社会は、女性が学校に行く機会を与えずにいました。

Untitled

1971年の教育計画導入によって、ネパールの人々は国の教育環境が劇的に改善されたと考えています。他の国に比べるとそのスピードは遅いものの、2010年までに49,000もの学校が建てられ、識字率が60.3%(男性73%、女性46.3%)まで向上したことは、注目に値します。

12006817_10153141032617045_2039738238_o

しかし、ネパールの社会には、女性や、周縁の人々(軽視されがちなマイノリティ)を排除し続けている事実があることを忘れてはなりません。このような圧力に打ち勝ち、教育の平等を達成するためには、現代社会に見合った、経済的・技術的・知的要件を満たす学校が必要です。「国に恩返し」という思いを子どもに届けるとともに、このような社会悪をなくすという願いを込めて、Youme schoolは創立しています。

 

ネパールの教育についてさらなる情報をご覧になりたい方は、こちらもご参照下さい。

http://www.doe.gov.np/ (ネパール語)

 

〜ネパール関連ニュース紹介〜 『東日本大震災の手書き新聞、ネパール被災地でも発行へ』(Ryuichi)

皆さんは、「ファイト新聞」ってご存知ですか?

”東日本大震災発生の1週間後、宮城県気仙沼市の避難所で被災した、(当時小学2年の吉田理紗さんをはじめとした)子どもたちが、両親はじめ大人たちを励まそうと手書き新聞を作ったことが始まりです。”
ファイト新聞社 Official HP


Screen Shot 2015-09-04 at 21.50.19

ファイト新聞公式ページ『ユネスコ本部顕彰について』より引用)

僕はこの新聞のことを知らなかったのですが、小学校2年生の子が周囲の大人たちを励ましたくて始めたという経緯に深く心を打たれました。彼女たちがどんなことを書いてきたのか読んでみたくて、過去のニュース記事などを探しました。

「励ましたい」というまっすぐな思いを手書きの鉛筆文字(発刊を重ねるごとに仲間を増やしていったのか、カラーが増えていきます)にぶつけた作品で、エネルギーに満ちており、予想外にも考えさせることが多くありました。

心から周囲のことを思えるから、体裁など気にせず、「励ます」ことだけに夢中になれるのでしょうか。

このファイト新聞を、ネパール政府公式通訳者のジギャン・タパさんがネパールでも発行しようと、ファイト新聞を立ち上げた子どもたちに気仙沼に訪れた、というニュースがありました。
http://thepage.jp/detail/20150829-00000002-wordleafv

“東日本大震災後、宮城県気仙沼市の避難所で小学生が作っていた手書きの新聞「ファイト新聞」を、地震被災地のネパールでも発行しようと、ネパール政府公式通訳のジギャン・クマル・タパさん(36)が28日、気仙沼市の仮設住宅を訪れて現地の子供たちと交流した。”

浮かび上がるネパールの被災後の状況と、タパさんが覚える危機感。そんな遠い国ネパールの話を聞いた、ファイト新聞の創立者で現在小学6年生の吉田理紗さんが発した優しさ溢れる言葉に感動しました。

(熱心に聞き入っていた)小学6年の吉田理紗さん(12)は「ネパールのことはあまり知らなかったけど、同じような状況を体験したから、今こういう気持ちなのかなってネパールの子供たちの気持ちが想像できる。(気仙沼は)4年5カ月が経っても復興は進んでないけど、焦らなくて大丈夫だよって伝えたい。1日1日を楽しんで、楽しかったことを新聞にまとめてほしい」
http://thepage.jp/detail/20150829-00000002-wordleafv

理紗さんがスタートを切り、タパさんがつなぐバトン。きっとネパールでも輪が広がっていくと思います。

教育改善で故郷作り(Rai)

私(ライ)は大学を卒業してから、福岡の小学校と中学校で英語の先生として1年間働いた。私がこの仕事を選んだ理由は、先進国の日本ではどのように先生が生徒たちに授業を行っているのか、また生徒たちはどのような環境で勉強しているのかということを自分の目で見たかったからだ。1年間日本の学校で働いて私が最も驚いたことは、6才の子どもたちですら時間と約束をきちんと守っていることだ。そして、日本の学校で働き教育の質が高いことに感動する一方、ネパールの学校と日本の学校を比較して悲しくなった。
youme1
ネパールの田舎にある私の故郷の学校は、教育の質が非常に低い。ネパールの学校は日本の学校とは違い、先生が学校に遅刻したり休んだりすることは、日常茶飯事だ。また、ネパールの先生は授業のために準備をあまりしない。日本の学校では、勉強と同時に子どもたちを育てているが、ネパールの学校では教科書に書かれていることだけを教えている。去年の中学校卒業試験では、全国で約27万人の生徒が合格できなかった。また私の故郷にある中学校では、70人全ての生徒が不合格だった。

私の故郷にある政府の学校のマネジメントがひどいにも関わらず、政府は何もしていない。村の人々は政府がこの学校を改善してくれないことに絶望していたため、私たちはYouMe Nepal TrustというNPO団体を設立した。この団体は、村の人々と協力してYouMe Schoolという学校を2011年に建設し、現在は10人の先生が幼稚園から小学校5年生の生徒たち合計138人の子どもたちに授業を行っている。この学校の特徴として、ネパール語以外の全ての科目を英語で行っており、日本の学校の見習うべきところを導入している。具体的には、時間と約束を守ることや生徒たち自身で教室を掃除すること、そして子どもたちに教科書に書かれていることだけを教えるのではなく勉強以外のことも教えながら子どもたちを育てている。

夢小学校があるコタン郡の中学校卒業試験の結果ネパール全国最悪:残念!(Rai)

夢小学校があるコタン郡の中学校卒業試験の結果ネパール全国最悪:残念!

夢小学校があるコタン郡の14校の中学校が中学校卒業試験に誰も合格できず、たった17.3%の学生たちが合格できました。

あるいは、3,457人の中でたった601人だけが合格でき、高校行けます。

この結果はネパール全国にある75郡の中で最低結果です。

夢小学校に期待が増え、「コタン郡の教育のためにもっとやらなくちゃ」と責任感感じますね。
http://www.ekantipur.com/np/2072/3/9/full-story/411455.html

(Facebookはこちら)
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/710604619085592