Category Archives: ラムジュン郡 校舎建設プロジェクト

『ネパール奥地の村に教室を!』 地震で校舎を失った子どもたちに、仮設教室をプレゼント

ラムジュン郡パチョック小中学校での仮設教室の建設が終わって約2ヶ月。
(詳細はこちらです)。

この時のプロジェクトの際に協働で活躍されたパチョック小中学校の運営担当のトゥルシさん(Mr. Tulsi Ram Gurung )から後日連絡がありました。

「パチョック地区に、他にも震災後どこからも支援を受けることが出来ておらず学校が再開されていない小学校があります。」

その後、その小学校の校長先生がYouMe Nepalの現地ネパールチームのオフィスに訪れ、村や学校の状態を伝えにきました。

DSCF0757(地震で壊れてしまったイランデヴィ小学校)

調査の結果、イランデヴィ小学校に仮設教室が必要であることを確かめた現地YouMe Nepalチームは、子どもたちに仮設教室をプレゼントすることを決めました。

今回のプロジェクトの概要は以下の通りです。

日時10/3(土) ~ 10/7(水)
場所ラムジュン郡パチョック第9地区 Simrung村イランディヴィ小学校
(Simrung村は家の数が27しかない、大変小さな農村です。
その村にあるイランディヴィ小学校は35人の児童が通っています)
背景被災により校舎が崩壊してしまいました。
また、非常に僻地の村にある学校のため、今までどの組織(政府、NPO、NGO)も
支援ができていませんでした。
方法学校の近くは車が安全に通れる道がないので、近くのJorni村までトタン、
パイプ、水タンク等をトラックで運びます。
Joni村からSimrung村までは、人力で材料を運びます。
金額トータル15万ルピー(約18万円)
- 材料費: 88500ルピー
- トラックでの輸送費: 22500ルピー
- 工事用機械使用料: 20500ルピー
- 宿泊/食事/移動/電話費用: 17000ルピー
- 人件費/横断幕費用: 1600ルピー
担当 YouMe Nepal現地スタッフ(責任者: Jharana Rai)
また、協力下さった様々な応援メンバー、アドバイザー、村人etc...
特にRajesh Adhikariさん, Tulsi Ram Gurungさん,
イランディヴィ校長 Yamchandra Shrestha先生
課題・当該地域は人里離れた山村であり、アクセスが非常に困難である。
 トラックを使うことのできる道は道の途中までしかなく、建設のための物資を運ぶには最後は人力しかない

・地域の村人との協力・連携が必須だが、YouMe Nepal現地スタッフは女性が主であるため、信用や団結に時間と労力を要する(建設などの力仕事の統率は男性が常識)

・道路、水道、電気、ガスなどのインフラの整備が当該地域はほとんど皆無であり、天候などの影響も大きく、予測困難なトラブルが起きる可能性は非常に大きく、計画通りに進まなかったり、何らかの理由で完了できないリスクもある

・そして、政治的な理由による、ネパール国内におけるガソリン不足により、近くのJorni村まで物資をトラックで運ぶことに様々な困難がつきまとう。

10/3(土)

作業工程の議論と調整・準備を終え、Kathmanduを出発したネパール現地スタッフは、Siudibarでトタン・支柱・水タンク・セメント・トイレなどを購入し、トラックに運びました。
2

ネパールは土曜日が休日のため、この日は行政への書類申請は不可能。

10/4(日)
行政への申請と承認を得て、パチョック地区のShimung村イランデヴィ小学校へ向かいました。
しかし、深刻なガソリン不足が影響し、どのように輸送するかで調整が難航し、1日が終わります。

10/5(月)
舗装されていないでこぼこの山道を5時間かけて車で移動し、Shimung村の近くのJorni村まで辿り着きました。

DSCF0490
(道中の写真です)

DSCF0537(Jorni村に到着。物資をトラックから降ろします)

このJorni村は15の家しかない、小さな村です。しかしここで物資をトラックから降ろさなくてはなりません。ここから先、イランデヴィ小学校までの道は、トラックが行くことの出来ない道なのです。

DSCF0560
(仮設教室の屋根になる、トタンを降ろしています。)

DSCF0684(水道のない村ではとても重宝する水タンク!)

さぁ、ここからは物資を歩いて運ぶしかありません。Shimnug村まで大変の道のりはと言うと…

DSCF0702 DSCF0713 DSCF0727

たしかにトラックは通れる道ではありません。

DSCF0730

綺麗な滝に少しリフレッシュしながら、歩くこと1時間半。

DSCF0750

Shimrnung村の子どもたちが待ちきれずやってきたようです!あともう少しです。

DSCF0739

ようやく、Shimrung村が見えました。
わずか27の家のある村。
さあ、いよいよ明日は教室の建設!

10/6(火)

支柱を組み立て、トタンで屋根をつくります。

DSCF0762

DSCF0773 DSCF0783 DSCF0785

そして、ついに

DSCF0839 DSCF0827 DSCF0802

完成しました!

小さな村に、ほんの少しですが、元気を分けることができました。

DSCF0836

YouMe Nepalのスタッフも誇らしげです。
村の人々も、女性が全ての指揮を取って計画を進め完了できたことに、大変驚きと希望を感じたそうです。

DSCF0847

村の女性達も、今回の出来事をお祝いしてくださいました。

YouMe Nepalは、小さなチームですが、この小ささを活かして必要な場所に必要な支援を行いたいと願っています。震災後から掲げていた「YouMe Nepalだからこそ可能な、YouMe Nepalらしい支援」を、また一つ達成できたことに、スタッフ一同大きな喜びを感じています。

今回の責任者である、スタッフのJharanaの言葉を紹介します:
“… So, at the end we not only succeeded making TLC to those needy children but we kind of influence the people that girls actually can work as in the villages we have a mentality of thinking that girls can’t and don’t do works like the mens do.”
(今回私たちが実現したことは、必要としている場所、子どもたちに仮設教室を届けたことだけではありません。「女性は無理、男しかできない」と無意識に思っていたことが、女の子でも実現できるということを人々に示し、一種の意識の変革を促せたことも、大きな充実感のひとつなんです)

【Humanity First 大震災支援 ラムジュン郡 校舎建設プロジェクト】校舎完成!

西ネパール、ラムジュン郡のパチョック小中学校での、5つの教室を備えた仮設校舎の建設が無事に終了しました。この中学校に通う350人の学生や、地域の皆様の笑顔を想像すると、とてもわくわくします。

Temporary Learning Center (TLC) with 5 classrooms (as part of our NPO`s Earthquake Relief Project) at Pachok Secondary School in Lamjung district in Western Nepal has been completed. We are excited to see smiles in the faces of about 350 students (directly) and the surrounding communities. We would like to thank Rajesh Adhikari, our advisor in Nepal for helping us implement the project.

IMG_8775ネパールならではの光景?

IMG_8776 IMG_8808緑の深い、農村でのプロジェクトです。 IMG_8807
IMG_8960

IMG_8966 IMG_8969 子どもたちが希望を感じて勉強ができますように!

IMG_8976 IMG_8956

良いトイレ環境の確保も、ネパールでは重要な課題の一つです。

IMG_8959

水不足になりがちな農村では、大切で貴重な水タンクです。
タンクのブランド名も、ネパールらしいですね!(“Everestank”)

IMG_8957

(Jharna, Doosan,大変お疲れ様でした!女性のみの夢ネパールスタッフで不安もあったかと思いますが、多くの方と協力し、わずかな期間で完成させることができました!)

 

Facebookはこちら:
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/730977493714971

【Humanity First 大震災支援 ラムジュン郡 校舎建設プロジェクト】進捗報告

IMG_8759

ネパールのラムジュン郡にあるパーチョク中学校の5教室予定の仮設校舎の建設を7/27から開始致しました。現地の業社と村の人々に協力して頂いています。
IMG_8760 IMG_8763 IMG_8759

IMG_8762
We have started construction of Temporary Learning Center at Pachok Secondary School, Lamjung District from yesterday. Our sincere thanks to local community and Rajesh dai for their kind support.

(Facebookはこちら)
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/728393840640003

【Humanity First 大震災支援 ラムジュン郡 校舎建設プロジェクト】

初めに私達が被災地の5人の子どもたちをカトマンズに勉強する機会と高校卒業するまでの
すべての生活費を提供し、育てるプロジェクトを計画していました。

しかし、子どもたちの人身売買が圧倒的に増加してしまった影響で、政府が子どもたちの移動を禁止する法律を制定しました。
そのため、この長期的なプロジェクトは保留とせざるを得ない状況です。

上記の政府の方針は一時的なものと考えられますが、
短期的なプロジェクトとして私達は仮の校舎を作るプロジェクトを行うことを決断しました。
ネパールのスタッフがすでに、現地調査と計画を立てております。

プロジェクト名: 仮の校舎建設プロジェクト
プロジェクトマネージャ:ライ ジャルナ
学校名:パチョク 小・中学校
教室数:5
学生数:350人
地域: ラムジュング郡(カトマンズよりおよそ200キロ西)
プロジェクト開始日: 7月24日

11781866_725167190962668_6698616624302776546_n
なぜラムジュングか?
ラムジュング郡も被災の大きかった地域なのですが、他の被災地と比べると、かなり距離的に遠く中々支援が届いていない状況です。そのため、このラムジュングを選ぶことにいたしました。

11755699_725167270962660_8601696980413624838_n
大変田舎であることは、他の支援団体がかなり少ないことからも、難しい挑戦となりますが、村の方々と協力し、新しい仮の校舎の完成後、
子どもたちがまた勉強できることを考えると、必ず成功させたいと思っています。

11039280_725167294295991_1066115317704058304_n

11703119_725167334295987_6345995520056552121_n 10405500_725167354295985_6286581582052684339_n

(Facebookはこちら)
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/725167584295962

【Humanity First Earthquake Relief Project】

Initially, we had planned to educate and nurture five kids from earthquake disaster areas.
However, since the government banned kids’ movement outside their districts, we have
keep our initial plan pending until the government loosens the ban.

As our short term relief project, we are going to build a new temporary school building.
After the initial research that was conducted last week, we have decided to go ahead
with this project.
Project Name: Temporary School Building Project
Project Manager: Jharna RAI
School Name: Pachok Secondary School
Classrooms we plan to build: Five
Current Number of students: 350
Place: Lamjung District (about 200 km west of Kathmandu)
Project start date: 24th July
Why Lamjung?
We chose Lamjung because it is comparatively far and remote, which is why the village
has merely received any relief aid.

Its remoteness definitely poses a big challenge in carrying out the project, however,
with the kind and warm support of the villagers, we will make this project a success.

Thank you Rajesh dai (YouMe Nepal’s Advisor), for your kind support.

https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/725167584295962

【夢ハウスプロジェクト】 “YouMe House Project”

(2015/7/15現在、子どもたちの人身売買が圧倒的に増加してしまった影響で、政府が子どもたちの移動を禁止しています。そのため、この長期的なプロジェクトは保留とせざるを得ない状況であり、現在こちらの校舎建設プロジェクトを優先的に実施しています)
Screen Shot 2015-04-28 at 02.58.47

まず最初に、私たちのHumanity First Projectに寄付して下さった全ての皆様にお礼を申し上げます。
皆様にお約束している通り、私たちはご寄付を教育分野にてご活用させて頂きます。現在準備段階である具体的な事業案についてご説明いたします。

事業名は「ユメハウスプロジェクト」です。
1. 首都カトマンズに、「ユメハウス」という名の仮設シェルター施設を整備します。(もし財政的に可能であれば、仮設ではなく常設の施設にしたいと考えています)
2. 被害の大きい地域から、5人の学生が選ばれます。(8年生〜10年生、13歳〜15歳の若者です)
3. 彼らがユメハウスで生活し、成長することに加え、ネパールにある優れた高校で勉強できる機会を提供します。つまり、彼らが見事に高校を卒業できるまで、包括的な生活と教育の支援を行うのです。
4. ユメハウスはただの家ではありません。ユメハウス内の環境や文化は、彼らが育った後、”被災した国への恩返し”を自然と意識するようなものにしていきます。

以上です。つまり、ユメハウスは、若くて情熱のある若者たちが、いつの日かネパールを変えるために羽ばたく、そんなリーダーの卵を育む場所なのです。

First of all, we would sincerely like to thank EVERYONE of you who kindly donated for our Humanity First Project.

As we had promised in the outline of our project that the collected donation would be utilized in education sector, we would like to inform you briefly about the preliminary phase of our project below.

The title of our project is YouMe House Project.
1. We will prepare a temporary (if financially feasible, a permanent) shelter in Kathmandu, which we call YouMe House.
2. We will select five students (Grade 8-10, 13-15 years old) from the areas devastated by the earthquake.
3. In addition to allowing them to stay and grow in YouMe House, we will provide these students the opportunity to study in some of the best schools in Nepal. In other words, we will support their entire living and education costs until they graduate from high school in flying colors.
4. YouMe House is more than just a house. The environment and the culture we will create in the house will be such that these five students will naturally be willing to “Pay back to their devastated society” when they grow.

In other words, YouMe House will be a place to nurture young and passionate future leaders who will one day, be ready to change their society.

(Facebookはこちら)
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/706496589496395

Humanity First Project(ユメハウスプロジェクト)

Screen Shot 2015-04-28 at 02.58.47

 

“Great divine, you are our ease and might in times of a sudden calamity. Encase us now with your elegance and tranquility through this devastating upheaval. By your will, raise up those who have fallen, uphold those who work to save or rebuild, and fill us with the optimism of your new construction. Our prayers are always for the safety of people in Nepal !! “

いつも応援してくださっている皆様へ
ご存知とは思いますが、先日、4月25日にネパールで起きた破滅的な大地震により、数千人の死傷者が生じています。被災により何十万という人々が、テントや屋外での生活を強いられています。私達は亡くなった方々を悔やむこともできますが、それだけではなく、被災者達に水や食糧等の必需品を届けることもできます。時間は刻一刻と過ぎており、状況をただ見守るだけではなく、YouMe Nepal Trustでは”Humanity First Project”を始めます。このプロジェクトでは、被災情報を発信し、状況をより多くの方に知ってもらい、カトマンズに居る現地スタッフと迅速に連携して支援活動をしていきます。 皆様の協力と支援を切に願います。たとえ微力だとしても、強く必要とされていることができる筈です。どこからでも、どんなことでもいいので、一緒にネパールを復興しましょう。

pic_01

支援のお願い

どんな些細に思えることでも構いません。近くの友人や家族に、ネパールで深刻な被害が起きていることを伝えることでも構いません。このサイトや、毎日情報を発信している私達のFacebookページをシェアしていただくことでも大変貴重な貢献になります。私達や、ネパールの被災されている方々へのメッセージを下記の連絡先に送っていただければ、大きな励みになります。こんなことをしてみたい、現地に行ってみたい、などの相談でも大歓迎です。

<募金をしていただける方>

① お振込

・ゆうちょ銀行から
10140 – 60929341

・他金融機関からお振り込みの方は
ゆうちょ銀行
[支店名]018(ゼロイチハチ)
普通預金6092934
口座名義 ユメ ネパール トラスト

[お願い]
お振り込み頂いた方は、こちらのフォームからご一報頂けますと幸いです。
(ご連絡頂けないと、連絡先がわからず、こちらから御礼のご連絡をさし上げることができないため、是非ともご一報くださいませ)
もしくは、「お振り込み名義」を添えて、メールをご送信ください。
宛先:youmenepaltrust@gmail.com

 

② クレジットカード決済

以下のボタンから送金が可能です。
(決済サイトの画面に移行します)

ご連絡は youmenepaltrust@gmail.com
080-4277-1055 (Rai)
080-3176-6927 (Joshi)

もしくは
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust
までお願い致します。折り返しご連絡いたします。

Screen Shot 2015-05-07 at 01.26.25ぎんこ

Dear friends and well-wishers, as you may be aware; the devastating earthquake that hit Nepal on April 25 has taken lives of and injured several thousand people. Hundreds of thousands of Nepalese are sleeping out in tents or in the open. While we can just show our sympathies to the departed souls, we can however, provide support of basic necessities like food and water to the living ones, no matter to what extent. Time is running away and we cannot just watch and see it. Realizing this, YouMe Nepal Trust has launched its “Humanity first Project”. Our purpose is to share the right information, aware the people, and collect fund so as to act fast in the field coordinating with our staffs and other partners in Kathmandu, without any delay. We are in desperate need of your support and cooperation. Together we can make a small but much needed difference. Let us start rebuilding Nepal from wherever we are and whatever we can.

pic_02

आदरणीय दाजुभाई तथा दिदीबहिनीहरु,अप्रिल २५ मा गएको सक्तिसाली भुइचालो बाट नेपालमा संकट मच्चेको कुरा यहाहरुलाई अबगत नै छ | मर्नेहरु र घाइते हुनेहरुको संख्या हजारौ नाघिसकेको छ भने बाची राखेकाहरु दैनिक उपभोग्य सामान नपाएर-भोक भोकै बस्नु परेको अवस्था छ | यस अवस्था मा हामीहरु मानव, त्यसमाथी पनि नेपाली भएको नाताले कुनै पनि हालतमा हेरेर बस्न सकिन्न र हुदैन पनि | यसकारण विपद र दु:ख को यो घडी मा “युमे नेपाल ट्रस्ट” मृत आत्माहरुको चीर शान्तीको कामना गर्दै संकट ग्रस्त क्षेत्रमा सानै भए पनि सहयोग गर्ने अभिलासा गर्दछ | यो अभिलाषा पूरा गर्नका निम्ति तपाईहरुको सर-सहयोग को अपेक्षा गर्दछौ |