Category Archives: Japan

【Humanity First 大震災支援 ラムジュン郡 校舎建設プロジェクト】進捗報告

IMG_8759

ネパールのラムジュン郡にあるパーチョク中学校の5教室予定の仮設校舎の建設を7/27から開始致しました。現地の業社と村の人々に協力して頂いています。
IMG_8760 IMG_8763 IMG_8759

IMG_8762
We have started construction of Temporary Learning Center at Pachok Secondary School, Lamjung District from yesterday. Our sincere thanks to local community and Rajesh dai for their kind support.

(Facebookはこちら)
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/728393840640003

【里親新プロジェクト開始】

ユメスクールで、奨学金で勉強している子供達の『里親』になる新プロジェクトを開始しました。
しかも、最初の里親は高校生!
西村 アリサさん(高校2年生、17歳)はキソール・カトリ君(3歳)の里親になりました。

月々1,000円で子供の教育費をサポートしたい里親になることができます。
(7/27現在、すべての子供達が里親を見つけることができました。
更に里親が必要な子どもたちがいないか、調査しています。)
10431691_725663604246360_7407510962930612924_n10431691_725665837579470_1497734894509442419_n
名称未設定
Kishor Khatri(キソール カトリ)くんは保育園年少組。
ネパールの暦では、2069年3月15日生まれ、なのです。
西暦に直すと2012年6月29日。
ネパールのヴィクラム暦もまた、ネパールの他の様々な文化と同様、神秘の世界ですね。

(Facebookはこちら)
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/725666850912702

【Humanity First 大震災支援 ラムジュン郡 校舎建設プロジェクト】

初めに私達が被災地の5人の子どもたちをカトマンズに勉強する機会と高校卒業するまでの
すべての生活費を提供し、育てるプロジェクトを計画していました。

しかし、子どもたちの人身売買が圧倒的に増加してしまった影響で、政府が子どもたちの移動を禁止する法律を制定しました。
そのため、この長期的なプロジェクトは保留とせざるを得ない状況です。

上記の政府の方針は一時的なものと考えられますが、
短期的なプロジェクトとして私達は仮の校舎を作るプロジェクトを行うことを決断しました。
ネパールのスタッフがすでに、現地調査と計画を立てております。

プロジェクト名: 仮の校舎建設プロジェクト
プロジェクトマネージャ:ライ ジャルナ
学校名:パチョク 小・中学校
教室数:5
学生数:350人
地域: ラムジュング郡(カトマンズよりおよそ200キロ西)
プロジェクト開始日: 7月24日

11781866_725167190962668_6698616624302776546_n
なぜラムジュングか?
ラムジュング郡も被災の大きかった地域なのですが、他の被災地と比べると、かなり距離的に遠く中々支援が届いていない状況です。そのため、このラムジュングを選ぶことにいたしました。

11755699_725167270962660_8601696980413624838_n
大変田舎であることは、他の支援団体がかなり少ないことからも、難しい挑戦となりますが、村の方々と協力し、新しい仮の校舎の完成後、
子どもたちがまた勉強できることを考えると、必ず成功させたいと思っています。

11039280_725167294295991_1066115317704058304_n

11703119_725167334295987_6345995520056552121_n 10405500_725167354295985_6286581582052684339_n

(Facebookはこちら)
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/725167584295962

【Humanity First Earthquake Relief Project】

Initially, we had planned to educate and nurture five kids from earthquake disaster areas.
However, since the government banned kids’ movement outside their districts, we have
keep our initial plan pending until the government loosens the ban.

As our short term relief project, we are going to build a new temporary school building.
After the initial research that was conducted last week, we have decided to go ahead
with this project.
Project Name: Temporary School Building Project
Project Manager: Jharna RAI
School Name: Pachok Secondary School
Classrooms we plan to build: Five
Current Number of students: 350
Place: Lamjung District (about 200 km west of Kathmandu)
Project start date: 24th July
Why Lamjung?
We chose Lamjung because it is comparatively far and remote, which is why the village
has merely received any relief aid.

Its remoteness definitely poses a big challenge in carrying out the project, however,
with the kind and warm support of the villagers, we will make this project a success.

Thank you Rajesh dai (YouMe Nepal’s Advisor), for your kind support.

https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/725167584295962

大阪府立大学で行われたネパール震災復興支援会議に参加しました

大阪府立大学で学ぶ、ひとりのネパール人学生の故郷の被災を受け、当大学の学生有志団体が、当大学の学生有志がチームを作り、復興支援プロジェクトを立ち上げました。

 
11755777_723787324433988_4589716152669336010_n

7/19(土)、チームからお誘いを受け、YouMe Nepalのライ、ジョシ、早坂が、ネパールについて説明させていただくと共に、プロジェクトの具体案についてのディスカッションに参加させていただきました。

11760123_1170335379659698_4608282278545081189_n 11707465_1170335282993041_5507627901759212736_n 11013466_1170335172993052_558915617292734549_n

 

 

10325566_723787301100657_3971016601974933750_n11755631_723787277767326_4799081041058046433_n11050763_1170335076326395_3789108694764754453_n

皆様の強い熱意により、当初の予定を大幅に延長した長時間のスピーチと会議になりましたが、刺激に満ちた集いにすることができました。
少しでも良い支援活動になるよう、微力ながら応援させていただきます。
貴重な経験をありがとうございました。
大阪府立大学の有志チームの皆様、頑張ってください!

(Facebookはこちら1こちら2です。)

糸井重里さんのほぼ日刊イトイ新聞で、カレーパーティを行いました

6月20日都内、ほぼ日刊イトイ新聞オフィスをお借りして

チャリティーカレーイベ ントを行いました。


20150620_2

 

 

 

 

 

今回のイベントには118名の方にご参加いただき、

269,185円の寄付金が集まりました。
(全額がYouMe Nepalへの寄付となりました)

 

当日は、ほぼ日との出会いのきっかけをくださった、

立命館アジア太平洋大学の今村正治副学長、

ふんばろうネパールプロジェクトを立ち上げてくださった

西條剛央先生や栗城史多さんをはじめ、多くの方々にお越しいただきました。

20150620_7

 

 

ネパール政府公式通訳担当のJigyan Kumar Thapaさんには、震災後の最新情報をお話して頂きました。

 

20150620_4

 

 

 

 

20150620_

 

 

また、高校生の佐野友基くんが披露してくれた
ネパール語の歌の発表も大好評でした!

 

 

 

多くの方々にご協力いただき、お忙しいなか足を運んでくださった皆様のおかげで、

とても温かいパーティーを行うことができました。ありがとうございました。

本当に多くの方々に支えられているということを改めて実感いたしました!

20150620_3 20150620_6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後もさまざまなイベントを企画しております!

これからも私たちYouMe Nepalの応援、よろしくお願い申し上げます。

(参照)
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/708522269293827

期間限定Charity Shop「Nepali Japani」

震災後から精力的にYouMe Nepalの活動にご協力いただいているChiyumiさんが、先月6月の現地ネパールでの支援活動の際に出会ったユニークで魅力的な商品を日本に持ち帰り、チャリティショップ「Nepali Japani」を期間限定でオープンしました。
Nepali Japaniはこちらからアクセスできます
100%竹で出来た生地の天然草木染めのスカーフ
無添加のホームメイドのドライフルーツ
ココナッツオイルのソープ
生産者と直接会って話を聞き、彼女自身の目で確かめた物を、期間限定で販売しています。
また、売上の利益はYouMe Nepal Trustに寄付していただくこととなりました。
どうぞ御覧くださいませ!

※数量限定のため、売切れの場合はご容赦願います。
▽Nepali Japani
https://nepali-japani.stores.jp/
以下はChiyumiさんからのメッセージです
———————-
2015年4月25日に発生したネパール大地震をきっかけに、私は4年ぶりにネパールへ支援活動のために足を運びました。
印象的だったのは、普段からのんびりしているネパール人たちが、より一層のんびりとしていたことでした。
つまり、観光客が激減して仕事がなくなってしまったのです。
外からきた者が活力を吹き込まなければ、ネパールの経済は止まったままになってしまう…。
そう思った私は、現地で出逢った素敵な物を日本へ届けることにしました。
ここに紹介しているものは全て、私が現地で歩いて見つけた、大好きなMade in Nepalです。
これをきっかけに、ネパールのことを知ってもらえたら嬉しいです。
数に限りがございます。商品のリクエストやご質問などがございましたら、是非お気軽にご連絡ください。
———————-

(参照)
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/720932471386140

By Kaira