【夢ハウスプロジェクト】 “YouMe House Project”

(2015/7/15現在、子どもたちの人身売買が圧倒的に増加してしまった影響で、政府が子どもたちの移動を禁止しています。そのため、この長期的なプロジェクトは保留とせざるを得ない状況であり、現在こちらの校舎建設プロジェクトを優先的に実施しています)
Screen Shot 2015-04-28 at 02.58.47

まず最初に、私たちのHumanity First Projectに寄付して下さった全ての皆様にお礼を申し上げます。
皆様にお約束している通り、私たちはご寄付を教育分野にてご活用させて頂きます。現在準備段階である具体的な事業案についてご説明いたします。

事業名は「ユメハウスプロジェクト」です。
1. 首都カトマンズに、「ユメハウス」という名の仮設シェルター施設を整備します。(もし財政的に可能であれば、仮設ではなく常設の施設にしたいと考えています)
2. 被害の大きい地域から、5人の学生が選ばれます。(8年生〜10年生、13歳〜15歳の若者です)
3. 彼らがユメハウスで生活し、成長することに加え、ネパールにある優れた高校で勉強できる機会を提供します。つまり、彼らが見事に高校を卒業できるまで、包括的な生活と教育の支援を行うのです。
4. ユメハウスはただの家ではありません。ユメハウス内の環境や文化は、彼らが育った後、”被災した国への恩返し”を自然と意識するようなものにしていきます。

以上です。つまり、ユメハウスは、若くて情熱のある若者たちが、いつの日かネパールを変えるために羽ばたく、そんなリーダーの卵を育む場所なのです。

First of all, we would sincerely like to thank EVERYONE of you who kindly donated for our Humanity First Project.

As we had promised in the outline of our project that the collected donation would be utilized in education sector, we would like to inform you briefly about the preliminary phase of our project below.

The title of our project is YouMe House Project.
1. We will prepare a temporary (if financially feasible, a permanent) shelter in Kathmandu, which we call YouMe House.
2. We will select five students (Grade 8-10, 13-15 years old) from the areas devastated by the earthquake.
3. In addition to allowing them to stay and grow in YouMe House, we will provide these students the opportunity to study in some of the best schools in Nepal. In other words, we will support their entire living and education costs until they graduate from high school in flying colors.
4. YouMe House is more than just a house. The environment and the culture we will create in the house will be such that these five students will naturally be willing to “Pay back to their devastated society” when they grow.

In other words, YouMe House will be a place to nurture young and passionate future leaders who will one day, be ready to change their society.

(Facebookはこちら)
https://www.facebook.com/YoumeNepalTrust/posts/706496589496395