【YouMe School訪問レポート Vol. 1】〜Shioriさんから〜

2015年の年末から2016年の年始にかけて、日本人数名とネパール人数名がKhotang郡のYouMe Schoolに訪問しました。

1週間ほど村人のおうちでホームステイをしながら、夢小学校で子どもたちと遊んだり、勉強を教えたり、村をトレッキングして大自然を堪能しながら村の暮らしをのぞいたり。元旦にはエベレストを臨む丘で子どもたちとピクニックも行いました。

以下はShioriさんからの訪問記です。是非ご覧ください。


明けましておめでとうございます。

今年の年末年始は日本とは暦の違うネパールに行っておりました。(そのせいか年を越した気分が全くしません。笑)

946113_930574367028156_5266195288128396173_n

日本からは飛行機を2回乗り継いで、さらにJeepで約9時間。気が遠くなりそうなほど遠ーい遠―い場所に位置するコタンのYouMe Shool。APUの先輩が’Dream’と’You &Me’の意味を込めて名付けたその学校にお邪魔しました。

12438999_930574473694812_7887892312696395753_n
12523907_931094070309519_3183976415955593237_n1157_930574730361453_7912961938368058692_n 1937153_930575163694743_7044297130304751150_n 944063_930575237028069_1408510875797210975_n 12439510_930577227027870_8969030702532310581_n 12549117_930589620359964_3533221868123138676_n 12507382_930593013692958_3627874578108147784_n 12510367_930593083692951_8236085833875639142_n

「勉強がしたい」、と往復6時間かけて学校に通っている6歳の男の子。

「本当はYouMeSchoolに通いたいの。もっと勉強がしたい」と毎日毎日お昼やすみになるとYouMe schoolにきて羨ましそうにYouMe schoolを丘の上から眺めていたgovernment schoolに通う5歳の女の子。

両親が障がいを持っていて本当は学校に行けるような収入なんて家計にはなく学校なんて夢のような存在だったけれど、どうしても勉強がしたいという彼の熱意を町の人が評価して現在スカラーとして学校に通っている男の子。

「自分の子供たちがYouMe Schoolに通っていることがとても嬉しいの」と満面の笑みで話してくれたホストファミリーのmama。

‘子供たちの未来を変えたい’、と子供たちに寄り添い、時には子供たちの母として、時には子供たちのお姉さん、そして良き友人として子供たちを支え続けている現地スタッフ。

YouMe Schoolには本当にたーっくさんの愛が詰まっていて、多くの方々の夢と希望で満ち溢れていました。

12548833_930590007026592_668890376160203226_n 12549046_930593270359599_8431192021993417957_n 12524077_930595570359369_8889075820460047337_n 12509367_930593870359539_5954987301587691895_n 12552800_930595230359403_8954508963216875934_n 943910_930593670359559_4680786834489199927_n 12417722_930597790359147_2974236129590303832_n 12400563_930597550359171_4139548510740695111_n 10411336_930596017025991_1404248204196008287_n 10527631_930595917026001_822533286720907960_n12410524_930597340359192_6114173290460305583_n 12552563_930601707025422_4284848170098312870_n 12540847_930605747025018_8704301593642399708_n943878_930595157026077_6843504950924566873_n

今回の旅では、足を運ぼうとしなければたとえこの先何十年生きたとしても絶対に会うことなんてなかっただろうたくさんの素敵な方々との出会いがあり、そして彼らから多くのことを学ばせて頂きました。全ての出会いにただただ感謝です。

蛇口をひねればでてくる透明で綺麗な水。24時間いつでも使える暖かいシャワー。水洗式トイレ。ポチっとボタンを押すだけで服をキレイに洗ってくれる洗濯機。リモコン一つで部屋を温めてくれる暖房。日が沈んでも電気の心配なんてしなくていいし、友達と連絡を取ろうと思えばいつでもとることができる、便利で素晴らしい日本の生活。

一方で、寒いときはみんなでくっついて暖をとり、夜は真っ暗闇の中みんなで懐中電灯を照らして夜道を歩き、毎日限られた水をどうやって無駄なく使うか頭をひねって考え、洗濯をする時は急な崖をおりて湧き水を探したコタンでの生活。確かに大変だったけどそんな生活もなぜか不思議なことに「便利で素晴らしい」なと感じました。きっと私の中で「便利」、「素晴らしい」を組み立てていた方程式が大きく変わったのかなと思います;)
12401024_930606100358316_6398921201725401825_n941042_930601940358732_1137292228073033019_n12400581_930905453661714_5202076383885101386_n12509814_930602080358718_5404962918384767889_n

いつの日にかまたYouMe Kidsたちと再会できる日がきますように:)

581915_930604830358443_7729962169288062783_n 12376187_930601913692068_8993366122479251547_n12512819_931098053642454_4140904933247123109_n


他にも沢山の写真を公開してくれていますので、
是非こちらからご覧下さい!

Shioriさん、ありがとうございました。

訪問を希望される方は、
youmenepaltrust@gmail.com
まで、お問い合わせください。