【YouMe School訪問レポート Vol. 5】-Hirokiさん-

2016年、コタン郡YouMe Schoolには海外から沢山のゲストが訪れました。年末年始に実施した訪問プログラムだけでなく、長期休暇を利用して大学生や社会人の方などが、長旅の末、YouMe Schoolの子どもたちに会いにきて下さいました。

以下は関西の大学生、Hirokiさんからの訪問記です。是非ご一読ください。


Q. 参加に至った経緯は?どんな経験を求めて参加されましたか?

ほとんど偶然だったと言っても良いです。 ネパールで現地教育ボランティア期間中、現地の学校の金銭的人材的な貧しさからくる教育環境の劣悪さに対する問題意識を感じました。また、当該校の校長先生からは寄付を募るなどの資金集めをして改善できないか相談を持ち掛けられました。そして何か解決策がないかネットで調べていたことが最初のきっかけです。

実際に夢ネパールの取り組みを見ていると、まさに私がネパールで痛感した教育における深刻な問題に対して、正面から取り組んでいるものでした。

自身も教育問題に関心があり将来の方向性として定めている者として、また実際にこのネパールで勉強を教えていた身として理想の教育へと目指して走っている学校に強い興味を感じました。その成功や運営の秘訣を、そして理想に思えたが果たしてどれほどのものか、この目で確かめたくて、この訪問に参加しました。12670821_843906725755343_4764316878950793600_n (1)

(コタンに来る前、ネパール随一の観光名所、美しい湖を持つポカラにて)

コタンに来る前、ネパール随一の観光名所、美しい湖を持つポカラにて

Q. 参加を決意した後、ネパール訪問以前の準備段階でのお気持ちやエピソード等を教えて下さい。

すでにネパールにいたため、特別に準備したわけではないですが、夢スクールでする授業内容として日本の歌やダンスなど、いくつか候補を考えていました。それとは別に、事前にSateやJharanaと会って話を直接聞けていたのは大きかったです。心構えや求められているものが何か、得られるものが何か、考えやすかったです。

12998298_870462259766493_7738580895986924936_o (1)

カトマンズのYouMe Nepalオフィス。右側がスタッフのJharana

Q. 日本を飛び立ち、無事にネパールに到着しました。コタン郡YouMe School訪問以外の旅行では、どんなことがありましたか?

どちらかと言うと夢スクール訪問以外の滞在がメインだったため何とも言えないですが、夢スクール以外の学校についても何校か実例で知っている身としては、同じネパール内での教育を比較できたのが大きかったです。

私がボランティアで英語を教えていたのは政府系の学校でしたから、当然貧しくて設備も教師も十分とはとても言えず、生徒たちの勉強に対する姿勢も、「勉強をするために毎日学校に来ている」というよりも「友達と会って喋ったり遊んだりする」目的で来ている子たちがほとんどです。(悪いことではありませんが)

また、先生たちが現状に殊更問題意識を持っていたり変えようという姿勢、教育に対する熱い思いを持っているというのも感じにくいのが実情でした。

12915208_845708705575145_1518680187_o

YouMeSchool訪問以前から、ボランティアで通っていた政府系学校での様子

その一方で、夢スクールは多くが違いました。

十分とはいえないまでも、一定以上の設備が整い、生徒たちは毎日学校に来て新しいことを学ぶのが楽しくて仕方がない、先生たちはハングリー精神で訪れた参加者から意見や改善点がないかを求めてくる。

いいサイクルがここにはあると感じました。

現状のままでも十分にすごい、そしてそこで満足せずにより良いものを目指す、そしてそれをバックアップする人間が数多くいる。

これをもっと他にも伝えたいと感じました。伝えるべきだとも。

今回のネパールの滞在では、この夢スクールの取り組みを自分の学校の先生に軽く話した程度で終わってしまいましたが、その先を今後も継続的に考えていくことには大きな意味とやりがいを感じています。

12039762_835177776628238_5121592481411831796_n (1)13047853_870462306433155_3011709535682998900_o (1)

Q.コタン村のYouMe School訪問や現地の人々との交流、ホームステイの経験はいかがでしたでしょうか。

なるほど、生活には不便もあったとは思います。

高山で長距離徒歩登校、食事も睡眠も慣れないものです。(幸い私はすでにネパールに滞在してそこそこ長く、また高山も慣れていたのでマシでしたが)

実際、友達は体調を崩したり等ありました。

けれど、それらを含めても素晴らしい体験であったと言えます。

まさに彼らがどういう環境で生活しているのか、そのような環境においてなお、教育を渇望しているその思い、夢、動機とは何なのか。実際に生活をともにしながら、彼らの日常と心の中を垣間見ることができたと思います。

朝夕は自分の担当の家事をそれぞれが行う共同生活、仕事をした後にみんなで食べる美味しい食事、疲れを忘れさせる綺麗な景色。本当に素晴らしいものだと感じました。

ゲストとして来ている自分たちと、実際に住んでいる彼らでは、また視点が違うのであろうが、思わずこのような生活もいいなと惹きつけられる日々でした。

かまどの煙が充満していて皆で目を抑えていたのと、朝早く4時ごろから鶏が鳴いていて起きてしまうのもいい思い出たちです(笑)

子どもたちとお喋りをしたり、景色を見たり、料理に舌鼓を打ったりと、本当に楽しくて活気に満ちていました。

1013346_835179123294770_4281287529048676180_n (1) 12959588_847171195428896_1302822586_o12970182_847171235428892_1845520451_o1958106_835179349961414_5961330691227664992_n (1)

Q. 日本に帰国された今、ネパールを思い出すことはありますか?

もとより途上国での教育普及が自分の夢ではありましたが、その実際の現状を知らなくて、このネパールに赴きました。その意味で、政府系学校と(一応)私立学校の様子を見て、実際に授業もして、一端を知ることができました。また多くの協力者や友人ができ、ただ訪問しただけではわからない込み入った話から、日本に帰ったあとのことまで話ができました。
その意味でもこのネパールの6週間は、自分のこれからの道の選択肢のいくつかを照らしてくれるものでした。

方向性が大きく決まったように思います。

震災から1年。大阪開催のイベント等にも参加する予定なので、自分の体験と他者目線での体験を照らし合わせつつ、今後もネパールについては考えていきたいです。

また精神的な面では、様々な場面でいつも支えてくれたネパールの人たちの温かさに触れ、本当に心が洗われる思いでした。日本人が忙しい日々のなかで忘れてしまいがちな人間関係の大切さと素晴らしさを、改めて感じているところです。10409694_835177333294949_1893832721732792539_n (1)

Q. 今回の旅で反省点などはありますか?

事前にきちんとほかの訪問メンバーや現地スタッフと連絡を取り、実際に現地でどの日はどう動いて何をするかをきちんと考えておくべきでした。バタバタして詰めないままに訪問してしまったのは反省点です。

こちらも向こうも時間を割いている以上、どのように有意義な時間とするかはもっと協議を重ねておくべきでした。それゆえに、いざ授業をするとなったときにネタで困ったり、訪問メンバーの中で合意がなかったりと少々手間取ってしまいました。

長期滞在ならともかく、短期ならなおさら限られた時間で何をするかは重要だと思いました。

Q. 今回の訪問で、何かを得ることができたでしょうか?

ネパールの教育の現状を知り、そこで自分が小さくとも何かのインパクトを与える、与える努力をすることがネパール滞在の目的の一つでもありました。
その意味では、自分が教えていた政府系学校以外でも、上記のような体験をできたことは大きなことでした。一つに偏った知識体験になってしまうことなく、(比較的)都市部の政府学校ではどうなのか、田舎の山奥の私立学校で日本の教育を取り入れた場合はどうなのか、それぞれで感じるところがありました。

個人的には、学校環境と生徒の姿勢等を特に注視していましたが、夢スクールでの先生たちのハングリー精神を見られたことは想定外に得られたものと言うことができます。

今回の旅を通して、実際に日本発で、途上国に理想を目指した教育が作られている様子を見ることができました。自分の将来の夢のカタチの、一つの例を見ることができたように思います。

その意味で、今後どのようによりよい理想に向けて進んでいくのかは興味を持つところでありますし、機会があれば数年後などにまた訪れたいと思います。

1533721_835179016628114_5281586580425849253_n (1)12814242_835179689961380_5701557433864913467_n (1)

Q. YouMe Nepalに向けて、メッセージをお願いします。

ほんとにたまたまの偶然から、この度は夢ネパールに関わらせて頂きました。
けれど今では、現地スタッフのSateとJharanaは私のDidi(姉)ですし、ネパールも何番目かの故郷みたいなものだと思っています。何らかの形で今後も関わり続けていきたいのはもちろん、学生である間にもう一度ネパールを訪れたいと思っており、それまでに日本の事務所のほうであったり、ネパールとも連絡を取って何かしたりしたいと考えています。

本当にいい経験でした。

自分の研修期間中の訪問だったので最初は少しどちらを取るか迷っていましたが、行って体験して良かったと心から思います。訪問そのものに大きな意義があったのはもちろん、日本の他の学生やネパールの人々と知り合えたことも大きなプラスでした。

どのようなカタチであるにせよ、夢ネパールの活動は今後も引き続き応援しています。
何か大阪方面でイベントがあったり、何か協力できることがあれば、お声掛けいただければと思います。

今回は本当にありがとうございました。

12528810_845708595575156_358883493_o

カトマンズでのお祭り

1929982_835177436628272_593819274829646526_n (1) 13047677_870462299766489_2088422935955651907_o (1) 12799393_835179486628067_4297274360851431436_n (1)


Hirokiさん、ネパールとYouMe Schoolへの訪問、ありがとうございました!

YouMe Nepalでは、夢学校の訪問希望者を募集しています。
こちらのリンクも是非ご覧ください。
また、疑問点や訪問希望のお問い合わせは、お気軽に
info@youmenepal.org
までご連絡ください。

ご連絡、お待ちしております!