第3回「僕たちが故郷に学校をつくったわけ~国に恩返し~」

ほぼ日
遠いカトマンズの学校に入ったのは、
4年生ですから、9歳か10歳の頃だったんですね。
ジョシ
はい、そうです。
ライ
そこから家族と離れて
ぼくたちはひじょうに勉強しました。
学校から外には出ません。
家には年に2回か1回だけ帰れました。
その学校には、小学4年生から高校2年生までの
生徒が通います。
高校を卒業するまで、学費も、
食べものも服も全部、
国に出してもらいました。
ほぼ日
年に1度の里帰りのお金ももらえるんですか?
ライ
それも出してもらえました。
合格してから、ずっと、国に
めんどうをみてもらって
ここまで勉強をすることができました。
だから私たちはいま、
国に恩返しという理念を持って、やっています。
ほぼ日
そういうチャンスをおふたりに
国が与えてくれた、ということになるんですね。
ライ
はい。
もし国がお金を出してくれてなかったら、
私たちもマレーシアやアラビアで
はたらいていた可能性が高いと思います。
これからは私たちは国に返さないといけない、
そう思いまして、考えていましたんですけれども、
どうやって返せばいいかわかりませんでした。でも、日本に来て
いい教育をもらいました結果、
いい学校をつくれば、
子どもたちが私たちのように
はたらくためにではなく留学をしに
海外に行くことができるかもしれないと
思うようになりました。

そうして私たちは、学校を設立しました。
2011年のことです。

最初は村の方々と一緒にお金を集めました。
25万円ぐらいです。
そして、最初の校舎をつくりました。
村の方々のおかげで
土地も安く買うことができました。

ほぼ日
資金は、日本で寄付を
集めたのではないんですか?
ライ
最初は、寄付の制度も
まったくわかりませんでしたので
それはしませんでした。
学校を建てよう、と思いついたとき
お金がなくてもはじめよう、
それは何とかなるんじゃないかな、と
ぼくたちは思いました。
結局、自分たちがアルバイトしたポケットマネーと、
大学の先輩たちにお願いして
2000円、3000円ずつぐらい集めました。
それが10万円くらいになりました。
村の方々からも、ありがたいことに
15万円ぐらい集まりました。
そして、木と竹で学校をつくりました。
ほぼ日
先生はどうしたんですか?
ライ
先生は、最初はひとりだけお願いしました。
この学校が成功するとは
村の方々は誰も信じていませんでした。
でも、先生としてやってきた彼女は
これを成功させると思っていました。
まずは10人ほどの子どもたちが入学しましたが、
先生は最初の9か月間、
ボランティアで教えてくれました。
まわりの人たちにいろいろ文句を言われても、
彼女は続けてくれました。
ジョシ
その彼女も
「いろんな人にお世話になったから」
と言っていました。
ライ
その後、私たちは、この学校の中身とインフラを
徐々によくしていき、
ネパールに帰るときに日本人の友人を
いっしょに連れていって紹介したりしました。
そうしているうちに、村の人々からもゆっくりと
信頼をもらいはじめることができました。
いまは期待をもって、考えてくれています。
ほぼ日
これは、日本で言う学校法人など、
政府の教育のシステムに組み入れてやるための届け出や
法的な許可を出してやったことなんですか?
ライ
それが、最初はなかったんですよ。
ほぼ日
ああ、最初は塾のような学校だったんですね。
ライ
そうですね。
私たちは日本にいましたので、
その準備はできなかったんです。
ほぼ日
おふたりは当時大学生だったわけですものね。
すごい。
「とりあえずやっちゃおう」ということですね。
ジョシ
現地の子どもたちが
英語で授業を受けられるようにしましょう、
という課題がすぐにあったから、
誰の言うことも聞かなかったです(笑)。
じゃ、スタートしよう! という感じで。
ほぼ日
子どもたちは、
政府の学校には通っていなかったんですか。
ライ
政府の学校に行っていました。
学校に行ったあとに、
私たちのその学校に通ったりしていました。
最初はほんとうに大変でした。
私たちは日本で学生をしていましたから、
現地に行こうとしてもなかなか行けませんでした。
ですから、いろんな方々にもお世話になりました。
学校の制度としては
いまでも未完成なままなんですけれども、
でも、ひとつだけ、ルールを守ろうと思いました。
それは、時間を徹底的に守ること。
それまで学校では、時間は誰も守らなかったから。
みんな勝手に来て勝手に帰る。
子どもから大統領まで、誰も時間を守らないんです。私たちは、日本に来て、
時間を守ることの大切さがわかりました。
ですから、自分たちがつくった学校では、
先生と子どもたちが時間を
しっかり守ることがきまりです。
誰も時間を守らないところで、
私たちの学校の子どもたちだけが時間を守ったら、
それは奇跡ですから。

ジョシ
いま、そのことで
ぼくたちの学校は有名です。