お知らせ

2018年5月号 

2018.05.26

平素はご支援・ご声援賜り、厚くお礼申し上げます!

新学期スタートしました!

両校で、幼稚園年少組に32名ずつの子供たちが新しく入学してきました!

今年度も、生徒が楽しく学校に通えるように精進して参ります。

 

<コタン校 近況報告>

①先生紹介 Vol.1

今月号のメールマガジンからコタン校の先生の紹介をしていきます!

初回は、コタン校の校長先生であるDharani Subedi先生の紹介です。生徒や他の先生からは、ディピ先生と呼ばれています! ディピ先生は、学校のあるコタン郡からバスで2日かかるイラム郡から来ていて、YouMe Schoolの子どもたちに教えてくださっています。 大学では、教育学部で英語教育を専門として学び、それだけでなく、コンピュータについて学びハードウェアやソフトウェアの分野でDiplomaを修了されました。

そんなディピ先生にインタビューしました!

1.YouMe Schoolでは何の科目を教えていますか?

ーComputer、General Knowledge(一般教養) 、ITのクラスを教えています。

2.いつからYouMe School で働いていますか?

ー2015年の5月から働いています。

3.なぜYouMe Schoolで先生をしているのですか?

ーわたしの趣味や人生における目的が、ソーシャルワークの分野に自分の人生を費やすこと、子どもたちに教えること、それだけでなく、子どもたちに明るい未来への道を示すために知識を分かち合うことだからです。

4.ディピ先生にとってYouMe Schoolの良いところは何ですか?

ーYouMe Schoolには良いところがたくさんあります。その中でも特に、YouMe Schoolがコタン郡というネパールの遠隔地にありながら、農村部から通っている子どもたちが質の高い教育を受けているということです。

5.この1年間、YouMe Schoolや子どもたちのためにどう働いていきたいですか?

ー学校環境の改善や生徒への質の高い教育の提供、ITの分野での質の高い教育の提供、また子どもたちが恐れることなく自分たちの能力を発揮できたり、彼らの内に秘めた能力を引き出していけるよう努めていきます。

6.最後に日本のサポーターへ一言お願いします!

ーまず最初にサポーターの皆様のたくさんの応援や支援にとても感謝しています。ぜひ一度YouMe Schoolを訪問していただきたいです。また、子どもたちの明るい未来のためにサポートを継続していただけると幸いです。

今回は校長先生のDharani Subedi先生の紹介でした!

 

②秋田さんの1か月活動レポート

ナマステ!インターン生の秋田です! ネパールに来て3ヶ月が経ちました! 今回のインターンのメインの活動地となるコタンのYouMe Schoolは4月下旬に新学期が始まり、新入生も15人くらい入学し、新たなメンバーで今年度のYouMe Schoolがスタートしました。毎日とても刺激的で子どもたちと一緒にいることが楽しいです!!子どもたちの名前もだいぶ覚えることができました。

今年度の時間割は、毎日最後のピリオドにE.C.Aクラスというクラスがあり、1〜5年生の生徒たちが日替わりでMusic,Dance,Sport,IT,Singのクラスを受けています。 ぼくは、その中で、Sport(体育)のクラスを持っています!日曜日は1年生、月曜日は2年生、という感じです。 日本で自分が小学校の時にやっていたことを思い出して、それをやってみたり、支援として届いたボールや縄跳びなどを活用したりと、いろいろ工夫を凝らしながら体育のクラスを持っています。

また、空いた時間に教室に行って、折り紙を教えたり図工を教えたりしています。 どこの教室の前を通っても、いつも「うちのクラス来て!」と言われます笑。嬉しいですね笑 ネパールのほとんどの学校では、日本の学校のように音楽や体育、図工の授業のような実技の授業はありません。学校でのほとんどの時間を椅子に座って過ごします。その中で、YouMe Schoolには、体育、音楽の授業があり、それを行うためのボール、縄跳び、楽器などが揃っていることはとても素晴らしいことだと思います。

またIT、コンピュータの授業もネパールのほとんどの学校では設備が整わず、教科書に載っているパソコンだけを見て学ぶということが当たり前ですが、YouMe Schoolにはパソコンがたくさんあるため実際に使って学ぶことができます。さらに校長先生が大学でコンピュータについて専門的に勉強してきた方なので、生徒たちはとても質の高いコンピュータ、ITの授業を受けることができています。

コタン郡という電気(一部地域は電線があるのですが停電が多く半日以上電気が来ないことは普通です)も、水も、ガスもまともにないような田舎の地域で、こんなに設備が整った学校が存在していること自体奇跡だなと日々感じております。 しかし、その反面まだまだ問題が多い学校だなとも感じています。 学校が始まって約1ヶ月、だいたい学校の状況がつかめてきたので、これから1つ1つその問題を解決していきます!

 

③訪問レポート Vol.8

3月にコタン校を訪問してくださった、Harueさんの訪問レポートです。

下記のリンクからご覧いただけます。

https://youmenepal.org/about-organization/3614.php

是非ご一読宜しくお願い致します。

 

<ビラトナガル校近況報告>

①新校舎完成

1階部分の4部屋が遂に完成しました!!!

今年1月から始めて4か月間で、子供たちが勉強できるまで建設が終わりました。

細かな部分は、引き続き作業していきます。

新校舎で新学期!ワクワクしますね!

 

②ダンス授業始まる

今年度から、ダンス講師をお招きし、毎日練習をはじめました。

発表会やダンス大会を開催する予定なので、随時メルマガでご報告いたします。

 

③社会見学

ネパールで一番有名なデパート、バトバティーニさんのご厚意で、4,5,6年生を対象に社会見学をさせていただきました。

生徒は整列して各フロアーを廻り、商品の流通や買い物の仕方を見学しました。

2か月連続で、地元の新聞に取り上げられました。

訳)ミラン交差点にある夢スクールは、生徒の見聞を広げるために、4,5,6年生の60人以上がバトバティーニを見学した。生徒たちは、どのように買い物をするのか、また、新しい技術の知識についての情報を得る目的で訪れた。それに伴て、幼稚園から3年生までの120人以上は、ドリームガーデン(スイミングプール施設)を訪れました。
ビベク・カナル校長先生の話:約1年半前に創立された学校は、短期間で人気を得ることに成功しました。200人以上の生徒が学校で勉強しています。以上

 

<日本近況報告>

①日本大学櫻丘高校で

5月19日(土)に、高校1,2年生の特進クラス52名の学生さんに向けて、代表ライの講演をさせていただきました。

ネパールに興味を持ってくれた生徒さんが多く、実りある講演ができました。

定期的に、日本大学櫻丘高校で講演をする予定です

 

②坂元さん母校で報告会

1年間コタン校にインターンしていた坂元さんが、法政大学の授業にて130人の受講生に報告会を行いました。

YouMe Nepal初のインターン生受け入れでしたが、図書館を一から作ったりとYouMeスクールの発展に寄与してくれました。

 

今月のご報告は以上になります。

お読みいただきありがとうございました。