代表からのあいさつ

ナマステ。はじめまして。NPO法人YouMe Nepal代表のシャラド ・ライ(Sharad Rai)です.私は 現在,東京に住み日本の会社で働いていますが,生まれはネパールです.ネパールと聞くとあまりなじみがないかもしれませんが,世界最高のエベレスト山,ブッダ生誕の地ルンビニなど日本の皆さんも知っている場所がたくさんあり,大自然に囲まれたとてもいい国です.

ヒマラヤを望む尾根にある、ガスも電気も届かない小さな村で生まれた私は、小学校4年生の時に、運よく首都カトマンズにあるネパール有数の進学校に国の奨学金で通うチャンスをもらいました。国から学費・食費・制服をすべて無料で提供してもらい、勉学に励んだ結果、日本の大学と大学院に進むことができ、大切な学びの機会を得ることができました。

一方、故郷の同級生たちは誰一人として高校に進学することも叶わず、10代のうちから中東やマレーシアへ肉体労働の出稼ぎに何年も行かざるをえない状況であることを知りました。私はたまたま日本で学ぶことができたけれど、奨学生に選ばれなければ自分も同じ道を選ぶしかなかったと思います。

2011年の1月。大学の卒業を目前にした私は決意しました。

国の若者の8割が、海外へと出稼ぎに行かざるを得ない現実を変えるには、自分が与えられたのと同じチャンスを皆が得られればいい。その為に「誰もが通える夢のような学校を創るしかない」と。そして、ここまでチャンスをくれたネパールという「国に恩返し」したいと。

大学で学校作りや教育を学んだわけでもなければ、お金もありません。

それでも、今やらなければずっと現実は変わらない。

そう信じて、私は日本で出会ったかけがえのない友人たちとともに、自分の生まれ故郷へ飛び立ち、集めた竹の柱とトタン屋根で学び舎を作り同じ年の春から小さなYou Me学校をスタートさせました。

最初は本当に苦労しました。しかしながら、多くのサポーターの皆様のおかげで、活動8年目に突入した2018年現在、総勢約束360名の生徒が通う学校を2校運営するまでに至りました。他校には居ないような優秀な教員の確保、学校のマネジメント向上、そして今後のネパールの発展を支える人材を育てるためにIT教育にも力を入れています。

そして、私にはもっと大きな夢があります。

YouMe学校の良質な教育をもっともっと多くの子どもたちに提供したい。

そして、ネパールをより良くする若きリーダーを育てたい。

その為に今、通信教育を始めとしたテクノロジーを駆使した教育改革にメンバーと共に全力を注いでいます。2018年には色々と新しい取り組みを皆様と一緒に展開出来ることを楽しみにしております。

ネパールの子ども達の未来を切り開く為に、今後ともYouMe Nepalをサポートしていただけると幸いです。

2018年7月
ライ・シャラド