YouMe Nepal

 

交通インフラの整備が遅れているネパールの農村部の子どもたちは、片道1~3時間ほど山道を歩いて学校へ通っています。
それだけでも大変ですが、家事の手伝いのために学校に行けない女の子が沢山いること、カーストが低いという理由で学校に行けない子どもが依然少なくないことも、深刻な問題です。

YouMe Nepalは「国に恩返し」の理念のもと、全ての子どもたちの自己実現のため、現地住民やネパール国外から応援下さる皆様と一緒に学校建設・運営をしています。

 
学校のある地域ではは誰一人として高校に進学することは叶わず、
10代のうちから中東やマレーシアへ肉体労働の出稼ぎに何年も行かざるを負えない状況であることを知りました。

そして、2011年の1月にコタン郡に学校を作りました。

「国の若者の8割が、海外へと出稼ぎに行く現実を変えるには、
自分が与えられたのと同じチャンスを、皆が得られる必要がある。
その為には、『誰もが通える、夢のような学校を創るしかない。』」

大学で学校作りや教育を学んだわけでもなければ、お金もありません。

「それでも、今やらなければ、ずっと現実は変わらない。」

村で集めた竹の柱とトタン屋根で学び舎を作って
同じ年の春から、小さな学校をスタートさせました。

 

なぜ、YouMe Nepalは学校をつくったのか?
詳細は「ほぼ日刊イトイ新聞」特集記事へ!

 

YouMe Schoolの特徴

英語での授業

基本的にネパールの公立の学校で使用される教科書は、全てネパール語で書かれています。いくつかの私立の学校では英語の教科書が使われていますが、ほんのわずかな学校だけです。しかし、英語ができなければ、ネパールで仕事を見つけることは困難です。
そこで、YouMe Nepalが運営する学校は、英語が堪能な教師を採用し、全ての授業を英語で行っています。ネパールでは、質の良い高等学校や大学に行くためには英語が必須です。第2言語として英語を習得すれば、留学できるチャンスを掴むことができるなど、彼らの将来の可能性が飛躍的に広がります。

日本の見習うべきところを取り入れる

日本の学校では、時間通りに授業が始まるのが当たり前ですが、ネパールではそうではありません。ネパールの学校で働く先生は、お酒を飲んで教室に来たり、授業に遅刻したり、また平気で2~3週間学校を休んだりします。
そこで、時間を守る、自分の言ったことを実行するなど、日本の良い部分を沢山取り入れた運営をしています。