YouMe Nepal

ネパール農村部の子どもたちにとって、学校に通うことは簡単ではありません。

YouMe Nepalは、ネパールの子どもたちの誰もが教育をしっかりと受け、自分の将来を自分で決める力を持てるように学校の建設・運営をしています。

YouMe Nepalの代表であるライは運良く国費で高校に進学し、その後、日本の大学を卒業しました。

しかし、ライの故郷の学校では、ある時に誰一人として高校に進学することは叶わず、

10代のうちから中東やマレーシアへ肉体労働の出稼ぎに何年も行かざるを得ない現状がありました。

「国の若者の8割が、海外へと出稼ぎに行く現実を変えるには、
自分が与えられたのと同じチャンスを、皆が得られる必要がある。
その為には、『誰もが通える、夢のような学校を創るしかない。』

そんな思いを元に、2011年の1月にライは自身の故郷であるコタン郡に校舎をつくりました。

大学で学校作りや教育を学んだわけでもなければ、お金もありません。

「それでも、今やらなければ、ずっと現実は変わらない。」

村で集めた竹の柱とトタン屋根で学び舎を作って
同じ年の春から、ネパールの子ども達の未来を創る、小さな学校を開校させました。

これを機にYouMe Nepalの活動はスタートしました。

現在は、コタンとモランに建設した二つの学校で教育を行っています。